プロフィール

Nobuyuki Takezawa

Author:Nobuyuki Takezawa
電子書籍のトビラへようこそ!

当ブログでは、私の発行済みの電子書籍を紹介をしております。また、楽しんで頂けるようエンターテインメントブログを目指しています。ごゆっくりお楽しみ下さい。

※プレビュー画像はかなり美化しております。こんなに若くありませんしm(_ _)m でも、カラオケ好きなのでマイクを持たせました※

タグロゴ

カテゴリ

最新記事

CMエリア②

最新コメント

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも申請フォーム

RSS

小説の分量カテゴリ説明

 小説は分量で『短編』『中編』『長編』と大まかに分けられます。分量とは『四百字詰め原稿用紙』を基準にします。文字数をカウントする方法もあります。

 私の場合は原稿用紙で50枚前後を短編、100枚前後を中編、250枚~300枚ぐらいを長編と位置づけています。

 昔は普通に1000枚前後の小説を書いていました。でも電子書籍って紙の本に比べると分量が多く感じるんですよね(文字の大きさが変えられるからかも?)。

 プロット(粗筋)を作成している時に大まかな分量を決めます。実は、『登場人物数』と分量は比例関係にあるんです。

 キャラ1人を解説し、行動させるには『最低限これだけ必要』という法則みたいなものがあります。キャラの明確なイメージを表現する為です。登場人物を増やすとそれだけ増えるのは当たり前ですね。

 『宇宙輸送艦恩地丸の受難』は1000枚と少しの分量がありましたので、三巻に分けて発行しました。まあ、よくもこんなに沢山の登場人物を出したものだと自分でも呆れておりますw( ̄o ̄)w

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ
にほんブログ村

関連記事
このエントリーのタグ: 武澤信幸 電子書籍のトビラ 小説技法
コメント
▼このエントリーにコメントを残す