プロフィール

Nobuyuki Takezawa

Author:Nobuyuki Takezawa
電子書籍のトビラへようこそ!

当ブログでは、私の発行済みの電子書籍を紹介をしております。また、楽しんで頂けるようエンターテインメントブログを目指しています。ごゆっくりお楽しみ下さい。

※プレビュー画像はかなり美化しております。こんなに若くありませんしm(_ _)m でも、カラオケ好きなのでマイクを持たせました※

タグロゴ

カテゴリ

最新記事

CMエリア②

最新コメント

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも申請フォーム

RSS

10・ロイヤリティ設定など


本の情報記入すれば、次はロイヤリティ(印税)設定に移ります。

Kindle本の価格は、発行者(著者)が自由に設定出来るのが魅力です。

他の項目でも書きましたが、私は最初ドル建てでしか価格設定が出来ないと思いました。

ですので、ドルの最低価格$0.99としました。レートの関係で、最低価格にしても120円ぐらいになってしまいます。

でも99円で売っているのもあるし、どうしたらそんな設定が出来るのか、KDPに質問しても、

『お客様は規定の範囲内で自由に価格設定が出来ます』なんて回答ばかり。

では0円の本があるけど、どうしたら0円に出来るのか? と質問したら

『出版社より提示された価格です』との回答。後は自分で考えろ、という事ですね。

分かるか!

で、Twitterで親切な方が「日本円で設定出来ます」と教えて頂いてやっとのことで価格変更が適いました。

『分からない事があれば規約をお読み下さい』ってあるけど、なんでこんな回りくどい事をしなければならないのか、

理解に苦しむ。何が何やら分からん事ばっかり。手探りでどうにかやってますけど、

Kindle本はあまりに謎が多い。小説書いてる時間がどんどん削られる。

まあ、Kindle本の歴史も浅いし、本社の規約文を直訳した文章を掲載し、理解する以外に方法が無いのも分かる。

対応する人員も限られているだろうし。

だから『自分でやってみて、結果を確認する』の積み重ねでしか理解出来ないのが現状なのだと思う。

最大の問題は『amazonにKindle本発行の編集部が無い』事です。

故に『インフラと規約の整備はするけど、その他は関知しません』となります。

編集に求められるのは『文章校正、添削、販売戦略』等です。

私のこの記事は、Kindle本を発行したい方に少しでもお役に立ちたいからです。

つーか、仲間が欲しいっす! 本音です。

それはともかく、まずはロイヤリティの設定から。



Kindle本は他に類例がないロイヤリティ設定が出来ます。35%と70%です。

一般の書籍が6%から10%(大体です)なのに比べて破格のロイヤリティです。でも宣伝費なども自分持ち、

宣伝活動も自分で、となりますのでこの辺をどう捉えるかでしょうね。

では具体的に。

・まずAmazon.co.jpの価格設定を『US価格に基づいて自動的に価格を設定』のチェックを外します。

・次に、35%のロイヤリティが良い場合は99円から249円までの価格を設定します。1201円~20000円も35%です。

・70%のロイヤリティが良い場合は250円から1200円で価格設定をします。

・最後にAmazon.comの価格を、日本円の価格に近い数値を入れます。

手順が行ったり来たりしますが、これは『全世界で発行する』を選択した場合です。日本だけの発行は…、

やった事が無いので分かりません。すまん。

「ん? なんか変だな?」と思われた方、正解です。

35%って、100円の本でしたら35円です(税込み価格になりますので、もう少し下がります)

だったら250円にして、70%のロイヤリティの175円の方がいいじゃん、ですね。

でもね、100円にするメリットもあるんですよ。

まず低価格の35%の本を読んで貰う。気に入って頂ければ70%の本を読んで頂く。

という戦略で35%→70%という価格設定が成立するわけです。

今まではそうして来ました。短編を100円、中編を120円、長編を300円~350円。

ところが『Kindle Unlimited 読み放題サービス』の導入により、

上記の戦略性の意味が薄れ、無料キャンペーンの価値が上がりました。

どういう事かと言いますと、このサービスに加入すると価格設定に関係無く、

『月額980円で読み放題』となります。

つまり2万円の本(ロイヤリティは35%)でも読んで頂ければ7千円のロイヤリティが入ります。

勿論、そんな本を発行した作家の信用はガタ落ちするでしょけど。

話が逸れました。戻します。

『読み放題サービス』に加入すれば、読者の方に無料で読んで頂ける。

その場合、ロイヤリティは『読んで頂いたページ数に比例して支払われる』のであります。

ただ『読み放題でダウンロードしただけ』ではロイヤリティは発生しません。

よって小説は『冒頭から読者を惹き込み』『意外な展開があり』『伏線を張りまくり』『最後まで一気に読ませる』内容を求められます。

要するに『最後まで読まれる小説』だったら良いので地道に頑張りましょう。



以前はいろんなサービスがありました。英文に訳して読み上げる機能とか。

でも『プログラムで日本語を英文に翻訳するのは不可能』なようです。

不評だから中止したんでしょうね。「き、貴様ー!」は"Yellow,'Kisama!'"となります。

日本語はあまりに表現語録が多く、また英語には無い表現が無数にあります。

どれだけ翻訳精度を上げても、人間が翻訳しなければこんなミスのオンパレードになります。

様々なサービスが停止されていますが、気にしないでいいです。

最後に『「保存して出版」をクリックすることによって、アップロードするコンテンツを上記の出版地域で販促、配布、および販売するために必要なすべての権利を有することを認め、KDP 利用規約を遵守することに同意します』

にチェックを入れて『保存して出版』のボタンをクリックすれば、48時間以内(英文の本は12時間)に発行されます。

おめでとうございます。これであなたも小説家です。


関連記事
このエントリーのタグ: 武澤信幸 エッセイ お知らせ Kindle本の作り方
コメント
▼このエントリーにコメントを残す