プロフィール

Nobuyuki Takezawa

Author:Nobuyuki Takezawa
電子書籍のトビラへようこそ!

当ブログでは、私の発行済みの電子書籍を紹介をしております。また、楽しんで頂けるようエンターテインメントブログを目指しています。ごゆっくりお楽しみ下さい。

※プレビュー画像はかなり美化しております。こんなに若くありませんしm(_ _)m でも、カラオケ好きなのでマイクを持たせました※

タグロゴ

カテゴリ

最新記事

CMエリア②

最新コメント

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも申請フォーム

RSS

4・一太郎でファイルにする

Kindle本の原稿としてamazonKDPに提出するファイル形式は数多くあるようです。

テキスト形式やWord文書でも可能だとか。

では、どうして一太郎なのか? mobiファイルが簡単に作られからです。

最新版の一太郎は更に進歩しているそうです。よく知りませんけど。

お金に余裕があれば新しい方がいいと思います。

これからKindle本を作ろうって方は、新しいのを買いますよね。中古なんか無いし。失敬しました。

このmobiファイルはKindle本にする際の確認にとても便利なんです。

まずamazonから『KindlePreviewer』というアプリをダウンロードします。

するとパソコン上で作成したmobiファイルがKindle本として読めるようになります。

また、パソコンとタブレットを同期させ、『OneDrive』等のファイル共有アプリを両者に入れると、

数秒でタブレットにファイルがコピーされます。

同期させたのがKindle、fireの各端末の場合、販売されているKindle本と同じように読めます。

注意して頂きたいのは、mobiファイルを開けられるのは『KindlePreviewer』かKindle、fireの各端末だけです。

iPad、iPhon等のスマホやタブレット端末に『Kindlel Reader(Kindle、とか表示していません)』をダウンロードしている場合も

読めるとは思いますど、やった事が無いので実験してみて下さい。勿論、発行されているKindle本は読めます。



Kindle本を発行する時に、このmobiファイルをそのままアップロード出来ます。注意して頂きたいのは『表紙を含めない』です。

やってみると分かりますが、表紙は表紙で別にアップロードする項目があります。



うーむ、これは動画にした方がいいかも? よし、チャレンジしてみよう! 
関連記事
このエントリーのタグ: 武澤信幸 エッセイ お知らせ Kindleの作り方
コメント
▼このエントリーにコメントを残す