プロフィール

Nobuyuki Takezawa

Author:Nobuyuki Takezawa
電子書籍のトビラへようこそ!

当ブログでは、私の発行済みの電子書籍を紹介をしております。また、楽しんで頂けるようエンターテインメントブログを目指しています。ごゆっくりお楽しみ下さい。

※プレビュー画像はかなり美化しております。こんなに若くありませんしm(_ _)m でも、カラオケ好きなのでマイクを持たせました※

タグロゴ

カテゴリ

最新記事

CMエリア②

最新コメント

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも申請フォーム

RSS

2・必要なもの


では、Kindle本を作る為に必要なモノを列挙します。

1・パソコン。

2・amazonのアカウント。

3・ロイヤリティ振り込み銀行口座。

4・原稿。

5・一太郎(私は一太郎徹2014を使ってます)。

6・fire、またはKindle。

7・Wi-Fi環境。

8・表紙画像。

これだけあれば作れます。




1・パソコン。

パソコンが無いと多分作れないと思います(タブレット端末からやった事が無いので確かではありません)。

性能は低くても大丈夫です。ただ、ネット環境は必須です。

2・amazonアカウント。

Kindle本を発行する為には『KindleDirectPublishing』にアクセスする必要があります。その際に、どうしてもamazonアカウントが必要となります。

3・ロイヤリティ振り込み銀行口座。

ロイヤリティとは『印税』の事です。本の価格設定によって35%と70%の二通りがあります(価格と印税については別に記述します。)。

銀行はどこでも構いません(ネットバンクが良いらしいです。郵貯の方も多いとか)。

4・原稿。

本の原稿です。分量は多い分には問題ありませんが、あまりに短いと発行停止措置がとられる場合があります。四百字詰め原稿用紙で30枚もあれば大丈夫だと思います。

原稿の内容は『何でも良い』です。何をどう表現しても、それは自由です。しかし、『児童ポルノ』は禁止です。また、『特定の団体や個人を誹謗中傷する内容』も禁止です。詳しくはKDPでご確認を。

Kindle本を発行すると、レビューされますので、本の内容が自分に跳ね返ってきます。本を売りたい場合は『そこらのプロより面白い原稿を作成する』のが基本です。原稿については別の項目で解説します

5・一太郎(私は一太郎徹2014を使ってます)。

原稿をmobiファイルにする為に一太郎を使ってます。テキストファイルやWordファイルでも良いらしいんですが、もう一太郎で慣れてしまってこれ一本でやってます。

mobiファイルにする利点は『fireでほぼ発行されるKindle本と同じように読めるので、確認に便利』だからです。mobiファイルの移動には『OneDrive』を使ってます。

6・fire、またはKindle。

発行前の本の確認と、自分の本の購入に使います。私はfireタブレットと、fireHDX8.9を使ってますが、後者の方は在庫切れ状態です(製造中止になるかも?)。パソコンで無料アプリをダウンロードすれば無くても良いと思います。

Kindle端末は読書に特化した端末で、読みやすいんですけどモノクロですので、表紙のカラーの確認が出来ないので使ってません。でもあれば何かと便利です。

7・Wi-Fi環境。

パソコンだけで作成から確認、購入が出来ますので、必要無いと言えば言えます。でも、fireなどを使う場合には必須となります。

8・表紙画像。

表紙は必須です。Windows付属の『ペイント』だけでも作れます。私は『コミPo!』という漫画作成ソフトを活用しております(かなり便利です)。

大体以上です。『大体』なのは不必要なものもあれば、他に必要なものもあるだろうと思うからです。

次は細かく解説して行きます。
関連記事
このエントリーのタグ: 武澤信幸 エッセイ お知らせ Kindle本の作り方
コメント
▼このエントリーにコメントを残す