プロフィール

Nobuyuki Takezawa

Author:Nobuyuki Takezawa
電子書籍のトビラへようこそ!

当ブログでは、私の発行済みの電子書籍を紹介をしております。また、楽しんで頂けるようエンターテインメントブログを目指しています。ごゆっくりお楽しみ下さい。

※プレビュー画像はかなり美化しております。こんなに若くありませんしm(_ _)m でも、カラオケ好きなのでマイクを持たせました※

タグロゴ

カテゴリ

最新記事

CMエリア②

最新コメント

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも申請フォーム

RSS

連載小説の活用方法

無料で、ネット上で公開している以上、著作権はあってないようなもの。

ところが、これが発行済みのKindle本の内容となると、

amazonさんの検索エンジンに引っ掛かるので、

まず私に連絡が来て「このURLにあなたの作品が掲載されていますが、これはあなたの作品ですよね?」

と連絡が来る。確認して「はいそうです」と返事をします。

まず私からそのサイトへ赴き「掲載しないで欲しい」と連絡します。

それでも掲載され続けると、amazonさんに被害が及びますので(Kindle本はamazon専用商品です)

amazonさんから警告が行くと思われます。ここまでになった事はありませんが。

これらの事情を何故知っているかと言いますと、Kindle本にする以前にGoogle+のコミュニティや、自分のホームページで全文公開していたからです。

そして、Kindle本にしてからamazonさんからメールが来る来る!

その度に「はい私が書きました」と返事をして、ネット上からの削除を求めました。

結果、特に問題も無く発行継続になってます。

一番多かったのがGoogleが勝手に各小説毎に検索に引っ掛かるようにしていたので、この修正がもう大変でした。

という訳で、連載小説はコピペして(ワープロで本の形式にすると読みやすいです)、自分のパソコンやタブレットだけでお楽しみ下さい。ネットへの再アップロードはお止め下さい。

でも友達に「俺が書いた小説なんだぜ!」とか言って見せるのは面白いと思います。最後に本当の事を言ってね。

関連記事
このエントリーのタグ: 武澤信幸 エッセイ お知らせ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す