プロフィール

Nobuyuki Takezawa

Author:Nobuyuki Takezawa
電子書籍のトビラへようこそ!

当ブログでは、私の発行済みの電子書籍を紹介をしております。また、楽しんで頂けるようエンターテインメントブログを目指しています。ごゆっくりお楽しみ下さい。

※プレビュー画像はかなり美化しております。こんなに若くありませんしm(_ _)m でも、カラオケ好きなのでマイクを持たせました※

タグロゴ

カテゴリ

最新記事

CMエリア②

最新コメント

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも申請フォーム

RSS

水冷方式


何度も読み返して、その度に自分では気付かなかった要素に目が止まる。

「まず用意しなければならないのが鉛管である。」と森本俊樹は言う。

上がり続ける体温の制御に、鉛管を身体に巻いて、水を通して、ラジエーターで冷やそうとする。

この装置が水冷方式なのだが、自作のは耐久性も無く、性能も悪くて早くも頓挫する。

こいうのがアイデアとかネタなんだけど、森本俊樹の『めげない根性』に圧倒されてしまう。

自分が書いたんだけど。

生きるとは生活するという事だ。森本はどんな状況になっても生活を確保して生きようともがく。

救いは仕事と仲間だ。

書く前に用意していたラストシーンは『産業廃棄物の山の間に出来た水溜まりで、

仕事をしながら燃え尽きる』ような感じだが、作者の思惑を越えて、書式さえも利用して、

森本俊樹は小説世界を飛び越えて行く。参りましたです、森本さん。

【DATA】 96,002文字 原稿用紙換算・241枚
関連記事
このエントリーのタグ: 武澤信幸 お知らせ 電子書籍のトビラ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す