プロフィール

Nobuyuki Takezawa

Author:Nobuyuki Takezawa
電子書籍のトビラへようこそ!

当ブログでは、私の発行済みの電子書籍を紹介をしております。また、楽しんで頂けるようエンターテインメントブログを目指しています。ごゆっくりお楽しみ下さい。

※プレビュー画像はかなり美化しております。こんなに若くありませんしm(_ _)m でも、カラオケ好きなのでマイクを持たせました※

タグロゴ

カテゴリ

最新記事

CMエリア②

最新コメント

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも申請フォーム

RSS

宇宙輸送艦恩地丸の受難 Ⅰ Ⅱ Ⅲ 


自分で書いた作品の解説を自分でするのは『どうかしている』と某大先生が仰いました。

私も同感です。でも電子書籍は何もかも自分でする必要があるのでございます。出版社が欲しい!

宇宙輸送艦恩地丸の受難』は自分にのめり込みすぎた感があるので、用語解説はしておこうと思いました。

本書を楽しむ為にも参考書感覚でお楽しみ下さい。




宇宙輸送艦恩地丸の受難
Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ

【用語&人物解説】

《解説》

 宇宙輸送艦恩地丸の受難は未来戦記であり、スペースオペラという分野のSF小説である。しかし、昨今この手のSF小説が読めなくなって久しい。昔はいっぱいあったし、アメリカでは今でもファンが多い。スタートレック、スターウォーズ、スターゲイトなどのテレビ番組もある。宇宙空母ギャラクティカなんてのもある。日本ではアニメでは結構あるけど、最近の実写は宇宙戦艦ヤマトぐらいだろう。

 本文中で一応の解説はしているけど、一回しか説明してないし、端折っている用語もある。そこで用語解説と人物解説をして楽しんで頂きたいと思った。でもネタバレは禁止なので、ギリギリネタバレにならないよう書くつもりである。読者の方の一助になければ幸いである。

 また、この作品は武澤SFの原点的作品で『ガーディアンズ』『B-BOX』等にも同じ設定が使われているので、一読しておくと何かと便利だと思う(解説項目が増えたらまた書きます)。

 念の為に書くけど、科学的な記述は都合主義的偽科学なので本気にしないでね。しないか。



☆横書き小説☆ 実験的に横書きにしてみた。するとやはり違和感があるが、フォントをゴシック体にして文字の大きさや行間を調整すると縦書きより楽に読める事が判明。理由は『英数文字の表記』にある。文中に英字が、しかもURLのような半角英数字を入れる場合横書きにしないと英字が横になってしまう。しかし、小説作法は基本を遵守。

☆ジリゴニア☆ 珪素系人工生命体。22世紀に分子レベルの三次元コピー機が開発され、実験的に生物をコピーしたが、コピーされた途端に死亡。そこでジリゴニウムと言う珪素系の透明な粘性物質でコピーを作ると別種の生命として生き残る事が判明。人体実験が行われたが、当時はスキャン技術が未熟で、人体を精密にスキャンする際に多大な悪影響を及ぼし、コピーされる側の人間の死亡が相次いだ。そこで『素体』と言う人間の全情報を集約したコピー元を作ってそれをコピーする事により一応の完成をみる。が、筋力が強く、カルシウムの骨格では力を入れると骨が耐えられずに折れたり粉砕する事が分かった。そこで牛乳由来の『カゼイン蛋白』で骨格を作り、そこにジリゴニウムを注ぎ素体をコピーして完全なジリゴニアが誕生。製造当初は『非常に優秀なアンドロイド』として販売されていたが、4年もすれば自我が芽生える事が判明。ジリゴニアメーカーは脳に制御システムを埋め込み、自我を獲得しても自由意識のない状態になるようにして販売を継続。が、自我獲得型ジリゴニアが反乱を起こし、人間に知的生命体だと認めさせる個に成功。この過程は小説『B-BOX』に詳しく記述されている。

☆BOX☆ 日本産パワードスーツの事。または規格を意味する。同じタイプなら全ての部品の交換が可能。

☆B-BOX☆ 最小の大きさのBOX。大きさは冷蔵庫ぐらい。搭乗者はバイクがウイリーしているような状態になる。装甲は薄く、時代によって違うが迷彩機能があり、感知不能になれる(例外あり)。また、武装も強力で、様々な兵器を搭載出来る。主に偵察、侵入捜査、斥候等に使われる。

☆F-BOX☆ B-BOXを強力にして大型化してようなBOX。戦車を凌ぐ火力と機動力があり、陸戦兵器の主役となる。

☆G-BOX☆ 小型のスライドエンジンを積み込み、大気圏内を自由に飛べるBOX。シールドも張れるので、光学兵器やプラズマ兵器には強い。が、質量弾には弱い。慣性制御装置も組み込んであるので、機動力は戦闘機の比では無く、武装も強力。開発したのは三島勇次。

☆S-BOX☆ 宇宙空間用のBOX。高橋美雪がG-BOXを宇宙空間用に改修。スライド航法も可能で、スライドエネルギー砲やリニアガンを内蔵している。戦闘能力は駆逐艦レベル。

☆ソードマシン☆ 廃棄コロニーで作られた謎の宇宙空間用戦闘巨大ロボット。恩地丸に積まれていた。シールド中和能力に秀で、戦艦を真っ二つに出来るスライドエネルギー波が出せる。胸部格納庫には反物質爆弾が収められており、敵艦に取り憑いてシールドを破り、反物質爆弾をシールド内に放り込んで撃破する戦法も使う。操縦出来るのは遠藤浩志少年のみ。搭乗時に『マシーン!』と叫ぶ。

☆恩地丸☆ マイクロブラックホールエンジン搭載型の恒星間航行用貨物船。日本共和国の植民惑星八州がアメリカ帝国主義国により侵略され、脱出用に軍が買い上げて改修し『輸送艦』となった。製造は300年以上前で小説『B-BOX』に登場する科学者鮎川奈々美も関わっている。船体は非常に大きく、年月が経つに連れて外壁を拡大し、最終的には全長1,200メートル、全高300メートルの巨大艦なった。恩地丸には先住民とも言える人々が暮らしていて、彼らが生命維持や食料の生産を行っている。名前の由来は、船には日本の河川や山の名前を付ける伝統があり、初めは大和丸だったが何故か反対意見が多く、建造地に近い恩地川から恩地丸と名付けられた(本当の字は『恩智川』)。

☆ジリゴニアガード☆脳の機能を制限し、様々な動物の特徴を取り入れて作られた巨大な戦闘用ジリゴニア。普通は単に『ガード』と呼ぶ。地球環境の悪化で治安が乱れ、また戦争やテロも起こるようになったので数多く作られ、警察や軍に配備された。が、恩地丸の時代にはガードを作る技術は既に失われている。恩地丸には三体のガードが積み込まれていた。ガードの活躍は『ガーディアンズ』に描かれている

☆アムネジアボム☆ 人間の記憶を食べる『アムネジアウイルス』を世界中に散布する目的で作られた爆弾。アムネジアウイルスは珪素系人工生命体で、プログラムによって行動を設定出来る。インフルエンザウイルスをジリゴニュウムにコピーし、行動設定されて製造された。が、水分と酸素に弱く、人間の中に入り海馬を破壊するように大量増殖して死滅する。宇宙空間では微細な粒子を取り込んで、太陽光からエネルギーを得て分裂増殖する。

☆ガラス草☆ アロエに似た形状の珪素系人工生命体。地球環境の改善を目的に作られ、全世界に種を蒔かれる。大量の二酸化炭素や人類に有害な物質を吸収し、際限なく増殖する。葉は鋭利な刃物のようであり、人間が素手で触る事は出来ない。地面から抜いて暫く放置すると薄いガラス状の物質になる。それを熱で溶かしてガラスとして作り直す事も出来る。地球環境改善の為に作られた人工植物だが、その繁殖速度と密生度の為に、人類の居住地域まで圧迫してしまう結果になってしまった。『ガーディアンズ』に詳しい記述がある。

☆空間抵抗☆ 『物質は空間の抵抗である』と、とある科学者が論文を発表。そして空間は完全な真空でも抵抗値がある事も分かる。そこから空間の抵抗値を操作する技術が生まれた。大きく分けて『軟性空間抵抗』と『硬質空間抵抗』の二つがある。

☆反動推進エンジンまたは反動推進航法☆ 反動推進エンジンとは電力を得て軟性空間抵抗を次々に作り出すエンジンシステムである。エンジン、と言われているが実際の電力供給は別の発電機等から得て稼働する。この装置を宇宙船の後部に取り付け、後方に空間抵抗を『作っては消し』を繰り返すとその反作用で宇宙船を推進させる事が出来る。また、『推進剤を使わないスラスター(方向転換、調整装置)」としても使える。

☆慣性制御または慣性制御推進☆ 慣性を制御しなければ、宇宙船が急激な方向転換を行ったり、亜光速からの停止の歳に生じる遠心力で人間はぺしゃんこになってしまう。また、慣性制御による人工重力が無ければ宇宙での長期滞在は不可能となる。慣性制御装置の発明がなければ人類の宇宙進出もあり得なかったと言える。慣性制御推進とは、宇宙船の前方に重力場を作り、そこに向かって進める推進方法である。多くの場合、反動推進と組み合わせて正確な航行を行う。

☆ブラックホールエンジンとジャンプ航法☆ マイクロブラックホールを二つ作り、お互いを等距離で高速回転させる。その空間を電磁的に隔絶させ、そこから大量の電気エネルギー抽出するのがブラックホールエンジンである。ジャンプ航法とは、このブラックホールの事象の地平を利用して『物質は、同時に複数箇所に存在出来る』事を制御し、『もう一つの宇宙船』を遠く離れた場所に出現させる航法である。が、出現空間に物質があると、物質が原子、素粒子レベルで融合して核爆発を起こす。よってまずジャンプ先の空間に何も無い事を確認してからジャンプを行う。ジャンプする空間をスキャンして、正確な座標を得る必要がある。また、理論的には『無限のジャンプ』も可能で宇宙の何処にでも行けるが、ジャンプ成功率は距離に比例して極端に下がる。一回のジャンプ可能距離は約1光年強である。

☆反物質エンジンとスライドエンジンとスライド航法☆ 宇宙開拓時代の初期に、宇宙空間を漂う奇妙な物質が発見された。最初に発見した宇宙船は大爆発して消滅。その後の調査で、その物質が『反物質』である事が判明する。またガス惑星の強い電磁場の中の衛星には反物質で出来ているのもある事が分かった。この反物質を『D鉱石』と名付け、その収集法を確立。そして反物質エンジンの開発に成功する。反物質エンジンはブラックホールエンジンより扱いやすく、より大量の電気エネルギーを採取出来る。そして宇宙船を亜空間被膜で多い、空間に切れ目を入れ、この中(一種の亜空間)を超高速で進むスライド航法が実現された。スライド航法の『スライド』とは『空間をスライド(ズラして)させてその中を滑るように進む』状態から名付けられた。ジャンプ航法のような危険性も無く、反物質エンジンも小型化され、宇宙船の標準エンジンになった。が、スライドエンジンの近くの時空には歪みが生じるので、宇宙船の外側に設置するのが普通である。スライドエンジンは、反物質エンジンとスライド航法装置を組み合わせたもので、制御不能になったりした場合にパージ出来るようにしてある。なお、スライド航法は直線移動しか出来ないので、進路を変更する為には一度通常空間に出てから進路変更をする必要がある。

☆プラズマガン☆ プラズマ(簡単にいうと電気の塊)を発射する銃の事。出力調整が出来て、麻痺から殺傷、対象の蒸発まで可能。また、エネルギー源がプラズマ電池なので、小型軽量で弾数も多い。プラズマガンの他に、狙撃にも使えるプラズマライフル、多人数を相手にする場合を想定したプラズママシンガン、プラズマショットガン等がある。

☆光学兵器☆ レーザー兵器や重粒子線砲の事。長所は射程距離が長い事。破壊力はプラズマガンより低い。

☆火薬式銃器☆ 現代の銃器の事。古式銃とも呼ばれるが、戦闘力はプラズマガン並みかそれ以上。欠点は『重い』『すぐに弾切れになる』『弾詰まりを起こす』等。しかし、野戦やエネルギーシールドを張っているBOX等には有効。

☆データパッド☆ コンピューター端末でもあり、通信機でもあり、スキャンも出来るとても便利な機械。大きさは手の平サイズだが、軟性空間抵抗を作り出してそこ様々な情報を表示する事が可能。軍用、民間用と様々な種類がある。

☆プラズマ電池☆ 電気を電気として蓄える事の出来る電池。大きさは様々で、プラズマガンやバイクや車やBOXや宇宙船用のまである。充電すると、内部で電気の塊が出来、それを電磁気で包んで保管出来る。また、プラズマ電池に爆薬を仕掛けると強力なプラズマ爆弾になる。

☆ジリゴニアデバイス☆ 主にB-BOXに取り付けられているメインコンピューターのサブプロセッサー。大きさは弁当箱ぐらいで無接点式になっている。中身はジリゴニアの脳組織。主に音声認識や会話による命令の処理に使われているが、自我を獲得するとBOXの性能が飛躍的に上がる。開発当初は公にされたが、その後『ジリゴニアを機械として扱う』事が禁止されて極秘扱いとなる。やがて自我を獲得したジリゴニアデバイスの意見を尊重して、普通のジリゴニアになるのか、それともBOXのデバイスとして活動するのか本人が決定するようになる。



☆日本共和国☆ 日本皇国のジリゴニアと、ジリゴニア関係者(親や友人や研究者等)が皇国から分離独立して出来た惑星国家。共和国の人間とジリゴニアの意識は日本人である。

☆日本皇国☆ 日本が最初に開発した惑星で、日本は『日本皇国』を名乗る。皇国とは『天皇陛下が居られる国』の事であり、皇国も共和国の人間やジリゴニアは天皇に忠誠を誓っている。ちなみに、左翼や反政府活動家やカルト宗教などは全て排除済み。遺伝子スキャンで、日本人ではないと判明すれば惑星外追放にしている。これは日本共和国も同様である。

☆アメリカ帝国主義国☆ アングロサクソン系白人が支配し『宇宙の中心は我が国でなければならない』と帝国主義を掲げて銀河の征服、他国の隷属を目的にしている国。元はアメリカ合衆国の右派の集団。そこに人種差別団体や敬虔で熱狂的なキリスト教徒が加わり、強大な軍事力で他国を支配下に置くようになる。略称は『アメテイ』。ジリゴニアを泥人形と呼び、蔑み、ジリゴニアを造っては惨殺して楽しむ国でもある。「人間が作ったモノに魂なんか無い! 悪魔だ!」と大多数が思っている。また有色人種も機会があれば宇宙から一人残らず殺して排除する予定を立てている。

☆銀河同盟☆ アメテイと同じくアメリカ合衆国の左派を中心に独立した国。ジリゴニアの人権を尊重し、差別の無い平和な銀河を目指す。が、平和の為には武力が必要だと熟知している。日本共和国、日本皇国の同盟国。

☆SEU☆ 宇宙ヨーロッパ連盟。現在のEU各国が力を合わせて宇宙進出し、そのまま独立した。各国にそれぞれ植民惑星が割り振られている(惑星イタリア、惑星フランス、惑星ドイツのような感じ)。軍事力もそれなりにあるが、経済力や利害関係で他国と渡り合っている。が、イギリスだけはSEUに加入した人達とそうでない人達に分かれた。

☆イスラム連盟☆ SEUに加盟したり、宇宙ステーションを経営したりしている国。連盟を名乗っているが、宗教上の関係から大半のイスラム教徒は宗教的理由から地球に残る。

☆ユニバースアフリカ☆ EUと日本が惑星進出させたアフリカ諸国。アフリカを名乗っているが、北欧や中東、ロシアの国も混じっている。

☆その他の国☆ 韓国は地球の海水面が上昇した際にほぼ水没。北朝鮮が残った韓国に侵攻するが、背後から中国に襲われる。そしてロシアが中国に侵攻するが、アムネジアボムが使用され全滅。地球を脱出したのは一握りの中国人だけ。その中国人の大半が宇宙マフィアとなって排斥の対象となる。



☆フィールド☆ 軟性空間抵抗の事で、宇宙船の構造物の中に強いフィールドを張ると従来の強度より格段に上がる。これを『構造維持フィールド』と呼ぶ。

☆シールド☆ 硬質空間抵抗の事で、敵艦の攻撃を跳ね返す為に艦の全周囲に張る。シールドには波長があり『波長を同調させれば破れる』という性質があるので、その波長を如何に速く探知して的確な攻撃をするか、が艦隊戦の戦いとなる。が、波長の同調をせずとも強力な攻撃を行えばシールド発生装置がオーバーヒートを起こしてシールドは消える。

☆スライドエネルギー砲☆ 異相空間砲とも呼ぶ。ズラした空間を利用して(反物質エンジンから荷電粒子を得て、空間をズラして放射する)強力なエネルギーを発射する。宇宙戦艦の主砲は大体スライドエネルギー砲である。

☆反物質爆弾☆ 反物質の爆弾。宇宙空間では核爆弾などは破壊力が殆ど無いので、ミサイルや魚雷等には反物質弾頭を使う。

☆グリーロ人☆ 人類初遭遇の知的生命体。直立二足歩行をし、人間に似ており、高度な言語を使用する。身体は小柄。顔は狐猿に似ている。知能は人間並み。学習能力は人間以上。手先が器用。慈愛に富み、平和を愛する農耕民族だったが、密猟集団に発見され虐殺され、生きたまま皮を剥がれたり食べられたりしていた。物語の中では触れていないが密猟集団の背後にはアメテイが居る。密猟集団の構成員もアメテイの人間である。

☆ザジ☆ 擬態生物。遥か古代にグリーロ人の住む惑星に来た知的生物。外見は巨大な寄生虫で、死にかけのグリーロ人の中に入り、グリーロ人に知性と知恵を教えていた。グリーロ人が人間に虐殺されるようになるとグリーロ人を助ける為にわざと捕まり、人間を皆殺しにしようとする。身体を分裂させて別の生物に擬態する事も可能。

☆スキャン☆ 弱い軟性空間抵抗を広げる事により、様々な情報が得られる。スキャン範囲は大型の装置で約2光年。データパッドでも数百キロは可能。

☆巨大な二つの球体☆ ネタバレになるので記述禁止。



☆三島勇次☆ ジリゴニア。男性。外見年齢30代前半。実年齢もほぼ同じ。両親は日本共和国に健在。共和国宇宙軍に入り、BOXの研究に従事。惑星八州に赴任し、G-BOXの開発に成功。戦局を一変させる事になる。が、アメテイはすぐに似たようなBOX型パワードスーツを大量投入し、惑星八州は陥落。G-BOXの研究施設を爆破後、軍が買い上げて改修した貨物船恩地丸で八州から脱出する予定だったが、上官の吉良大佐が死亡し、三島が艦長を勤める事になる。三島には『頭は良いが、何事も適当であり、物事に執着せず、結構スケベで、己の信念を貫き通す』という特徴がある。

☆高橋美雪☆ ジリゴニア。女性。外見年齢17歳。実年齢は20代後半。両親は人間(金持ちの老夫婦)で『可愛い人形のような娘』を望み、そのように作られた。両親の死後、自分の可能性を追求し共和国宇宙軍に入る。三島とは価値観がまるで違うが、理解するにつれて惹かれるようになる。恩地丸の副長であり、S-BOXの開発者。

☆織田等☆ 人間。男性。32歳。B-BOXに並々ならぬ興味を持っていて、共和国宇宙軍に入隊。自ら最前線でB-BOXによる作戦に従事し、多数の功績を上げて少尉に昇進。『敵に対しては何をしても良い』と思っている。一見冷酷で卑怯で保身的にみえるが、実は軍人のお手本のような人物。

☆藤堂竜☆ ジリゴニア。男性。外見年齢22歳。実年齢もほぼ同じ。両親は銀河のあちこちを移動して営業している漫才師。またコント劇団のオーナーでもある。藤堂の性格は至っ真面目で、与えられた任務を完璧にこなす能力を持っている。恩地丸では科学主任を務めるが、大体は艦長代理をやっている。

☆鈴木咲子☆ 人間。女性。27歳。通信士官。冷静で、通信状況から戦局の分析まで出来る才女。作品中では触れていないが、両親は日本皇国に健在。親族に軍人が多く、子供の頃から軍に憧れており、士官学校を好成績で卒業後、共和国宇宙軍に入隊。

☆進士琢磨☆ ジリゴニア。男性。外見年齢20代後半。実年齢もほぼ同じ。恩地丸のメインパイロットを務める。『明るくて、気さくな近所の兄ちゃん』みたいなジリゴニア。

☆小池三四郎☆ ジリゴニア。男性。外見年齢40代前半。自分で中年に見えるよう整形している。実年齢は90歳以上。恩地丸のサブパイロットを務める。進士琢磨に何かあればメインパイロットも兼任する。

☆虎顔太郎☆ ジリゴニア。男性。肉体年齢は30代前半であるが、顔が虎なので良く分からない。星間マフィアに地下プロレス専用のレスラーとして作られ、脳に自我抑制装置を埋め込まれて毎日のように壮絶な試合をしていた。銀河同盟のパトロールに救助され、自我抑制装置を取り外され、自我を獲得。そして共和国宇宙軍に入隊。筋肉隆々の大男。

☆小林聡☆ 人間。男性。45歳。軍医。人間専門の医者だが、ジリゴニアの医学知識も豊富で重宝されている。

☆遠藤浩志☆ 人間。男性。17歳。父親が廃棄コロニーで開発したソードマシンのパイロット。

☆アレッド☆ ジリゴニアガード。製造されて300年以上経過している。直立二足歩行タイプだが、身長が5メートル近くあり、肉弾戦ではF-BOX並みの戦闘力があると推定される。また、全身の体毛からナノイオンを放出し、光学兵器やプラズマ兵器に対してかなりの抵抗力がある事が判明。高橋美雪を主人と認識し、虎顔太郎の部下として白兵戦要員となる。限定されているが知能は高く、言語を解し主人の命令には絶対服従する。小説『ガーディアンズ』ではガード同士の戦いの様子が描かれている。

☆石野ラン☆ 人間。女性。17歳。恩地丸の底部にある『街』の代表。両親は死亡しているが、緋川徹という名のジリゴニアに育てられる。明るく、負けん気が強く、快活で人気者。

☆ミミ☆ ジリゴニアのハムスター。『マウスランド』というネズミに芸をさせる一座に居た所を保護される。『ジリゴニアの動物は製造禁止』という法律があり、高橋美雪が亜空間タグを皮下に入れて管理する。が、当局に渡すと処分されるのでこっそり飼うつもりでいた。知能は高く、人間との会話も可能。非常に愛らしい。何処で作られたのかは不明。ちなみに『鱈橋マウスランド』という見世物小屋でハムスターのふりをしていたのだが、これは映画『グリーンマイル』の中で「タラハシーにネズミのサーカスがある」という台詞から頂戴致しました。

☆キャス☆ グリーロ人。女性。人間年齢に換算すると大体10代後半。密猟集団に捕らえられた中の一人だが、すぐに日本語を覚える。グリーロ人を解放した後、多くのグリーロ人は恩地丸の街で暮らす事になった。キャスはグリーロ人の代表として認知される。

☆コウ☆ 織田等が搭乗するB-BOXのジリゴニアデバイス。自我獲得型ジリゴニアデバイスなので、織田のB-BOXの性能を最大限に引き出せる。

☆ジョン・ベック☆ アメリカ帝国主義国の英雄。共和国のジリゴニアを大量に虐殺して名を上げる。ジリゴニアを『泥人形』と呼ぶ。決してその存在を認めない。

☆ビリー・ランドール☆ アメリカ帝国主義国の駆逐艦隊旗艦、ルビー・ファイヤの艦長であり、駆逐艦隊の司令官でもある。ジョン・ベック同様にジリゴニアを忌み嫌い、宇宙からジリゴニアを排除するのが目的で生きているような軍人。また、差別主義者で有色人種やエイリアンの存在を認めていない。

☆セリーナ・ストレイサー☆ 人間。女性。30代半ばに見えるが実際は不明。

☆ミストラル☆元SEUのイングランドの軍人だったセリーナ・ストレイサーが作った独立戦闘集団の名称。意味は『花香る約束の地』である。セリーナは信義に篤く、主に信用と取り引きで勢力を拡大して行く。三島のようなジリゴニアが好み。

☆ミラ・ボールドマン☆ 人間。女性。銀河同盟第四師団の師団長。階級は大佐。40代前半。

☆花村環☆ ジリゴニア。女性。外形年齢は20代後半。実年齢はまだ10代半ば。ジリゴニアだけの衛星『ブルーゼロ』の代表者。



☆サイトウ温泉☆ 恩地丸の街にある銭湯。経営者は斉藤さん(人間)。恩地丸が作られた関西では銭湯を温泉と呼ぶので『公衆浴場』とはならずに『温泉』となった。また恩地丸の底部に溜まった水を汲み上げる際に様々な機器の影響を受け『水の分子変換(クラスター分割)』が行われるので、実際に温泉効果がある。効能は冷え性、美肌、神経痛、肉体疲労等である。

☆竹田☆ 人間。男性。古式銃販売業者。主に20世紀から21世紀にかけて作られた拳銃やアサブマシンガンやサルトライフルやショットガンを扱っている。

☆ジリゴニア用保養カプセル☆ ジリゴニアが怪我をしたり、体調不良になった時に使われる日焼けマシンのようなカプセル。ジリゴニアの細胞分裂を促し、折れた骨を元通りに接合し、疲労物質を取り除き、神経の興奮を抑える、等の効果がある。



長い!
関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す