プロフィール

Nobuyuki Takezawa

Author:Nobuyuki Takezawa
電子書籍のトビラへようこそ!

当ブログでは、私の発行済みの電子書籍を紹介をしております。また、楽しんで頂けるようエンターテインメントブログを目指しています。ごゆっくりお楽しみ下さい。

※プレビュー画像はかなり美化しております。こんなに若くありませんしm(_ _)m でも、カラオケ好きなのでマイクを持たせました※

タグロゴ

カテゴリ

最新記事

これは凄いよ!

最新コメント

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも申請フォーム

RSS

2016年07月のエントリー一覧

  • コメット君

    昔、『宇宙家族ロビンソン』というアメリカのテレビドラマがありました。詳しい設定は忘れましたけど、家族で宇宙船に乗って漂流するスペースアドベンチャーでした。その中にロビーというロボットが出て来ます。ロビーで合ってるかな?映画『禁断の惑星』でも同じデザインのロボットが出て来ます。宇宙、漂流、ロボット。これだけで物語が作れそうに思いました。そして『コメット君』が出来たのです。私は、「何かを描こう」と思っ...

  • 宇宙輸送艦恩地丸の受難 Ⅲ

    【宇宙輸送艦恩地丸の受難 Ⅲ・本文抜粋】 長居は無用だ、とコウに言おうとした。その時、B-BOXに衝撃が走り、上下の感覚が分からなくなった。どうやら宙を舞ったらしい。 「な、なんだ?!」 織田はB-BOXの体勢を立て直しながら言った。 「二機のF-BOXに襲撃されました」 とコウ。織田は全てのモニターに周囲の様子を映し出した。するとF-BOXが二機、見えた。 それは高橋少佐が兵器工場で見たという高機動...

  • 宇宙輸送艦恩地丸の受難 Ⅱ

      【宇宙輸送艦恩地丸の受難 Ⅱ・本文抜粋】 「藤堂中尉、この事は他の部下に連絡するな」 と言って三島はメインブリッジから出た。また保安部員が敬礼した。そして竹田から押収した古式銃の保管してあるロッカーへ寄って、対人用ショットガンとリボルバー式の拳銃を手にした。散弾も弾丸もきっちり収まっている。発射の確認は武器類を押収した際に虎顔大尉が行っている。 ついでによく切れそうな日本刀を腰に差す。拳銃は...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫