・総合病院に入院中…。 ・津波…。と言うか、水の波。 ・【こびと。または妖精】 ・【心霊写真】 ・【序】

プロフィール

Nobuyuki Takezawa

Author:Nobuyuki Takezawa
電子書籍のトビラへようこそ!

当ブログでは、私の発行済みの電子書籍を紹介をしております。また、楽しんで頂けるようエンターテインメントブログを目指しています。ごゆっくりお楽しみ下さい。

※プレビュー画像はかなり美化しております。こんなに若くありませんしm(_ _)m でも、カラオケ好きなのでマイクを持たせました※

タグロゴ

カテゴリ

最新記事

CMエリア②

最新コメント

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも申請フォーム

RSS

カテゴリ:怖い話のエントリー一覧

  • 総合病院に入院中…。

    病院では怪奇現象が頻繁に起こる…。と思われている方が多いと思う。私も結構色んな病気や怪我で入院しているから怪奇現象の一つや二つは体験してても良さそうなのに、皆無である。入院すれば分かるけど、病院は『病や怪我と戦う場所』なので、ある種の強い生命力を感じる場所である。ある種、とは『苦痛や死に抵抗する力』だと思う。故に幽霊の出番は無いのだ。廃病院とかは知らないけど。で、怪奇現象では無いけど、私はとんでも...

  • 津波…。と言うか、水の波。

    津波警報、注意報が発令されたら、発令地域の海岸線や河川から出来るだけ遠くに逃げなければならない。改めて言う事じゃ無い、と思っておられる方も多いと思うけど、これはどれだけ書いても書きすぎる事はない。テレビで『津波の最大波0・5m』とかでも危険だ。「50㎝の波だろ?」とは決して思わないで欲しい。私は高校生の時に四国の三崎町に友人と遊びに行った。友人の母方の実家である。近所で泳げる海岸があるので、毎日海...

  • 【こびと。または妖精】

    これ伝聞であり、私は体験していない話である。でも本人から直接聞いているので、信頼性は非常に高いと思う。友人が高校受験の為に夜遅くまでコタツに向かって勉強していた。すると、足下を何かが通り過ぎた。「なんだろ?」と思ってコタツの足の辺りを注視した。すると! コタツの足から身長10㎝ぐらいのこびとのような妖精のようなのが現れたのである!ソレはコタツの足から足へと移動し、消えた。友人は同じ光景を3回見たそ...

  • 【心霊写真】

    怖い話 - コメント(0) - 2016/10/05

    心霊写真…。んなモノあるか! と思ってた。まず『心霊』という言葉が定義不能なイメージ言語だ。英語では『Super Natural』、つまり超自然現象とも言われている。『超』を取ったら、ただの自然現象。なんで?大体、人間の本質が『魂』なのが分からん。意識が魂で何らかのエネルギー体、とでも表現すればいいのだろうか? で、強い恨みや悲しみを持ったまま死ぬと、その魂は成仏出来ずに死んだ場所に留まったり流離ったりする…。...

  • 【序】

    怖い話 - コメント(0) - 2016/10/03

    またカテゴリが増えてしまいますけど、大きな括りだとエッセイですね。でも、私には普通の事でも人が聞くと「ひーっ!」となるような話が多くて、『怖い話』というカテゴリを作ってみました。内容は『心霊』『奇妙な体験』『病気の話』『怪我の話』『怖い人』こんな感じです。創作ではないので、心霊体験は数える程しかありません。その代わりに病気の事ならお任せよ! と言うぐらいあります。連載形式になると思いますが、ヌコ星...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫